ニッカホーム提供DIY番組ステキにDIY

#15 ウッドタイルで見せる収納!ハットシェルフ

第26回(2017年7月1日)放送分

#15 ウッドタイルで見せる収納!ハットシェルフ

厚みの違うウッドタイルを組み合わせることでウッディーなハットシェルフをDIY!
横溝を利用してフックの位置も変えられるから、たくさんの帽子も、形が変わった帽子もバッグだって掛けれちゃう☆
とびきりおしゃれな見せる収納です!

ハットシェルフの作り方

Step1ウッドタイルをカット

作りたい形に合せてウッドタイルをカットします。
今回はひし形のハットシェルフを作るので、斜めにカットします。

Step2ウッドタイルを組み立て

大きな板を作るイメージで、連結したウッドタイルをハンドタッカーで板状に組み立てます。
この時フックをかけたい高さを決めておきます。
今回はベースを12mm厚、フックをかける部分を21mm厚で作りました。

Step3見切り材を付ける

板状になったウッドタイルの4辺を見切り材で仕上げます。
電動ドライバーを使ってビス留めするから強度もバッチリです。
これがハットフックのベースになります。

Step4ウッドタイルの横溝にかけるフックを作る

好きな形の木片を用意し、ハットをかけるフックを作ります。
木片の裏側に市販のミラー受けを取り付けて、先程作ったウッドタイルの板の横溝にかけれるようにします。
そうすればフックの位置は横溝の範囲であれば自由に変えることができます。
横溝を切ってあるウッドタイルならではの工夫です。

Step5完成!

ウッドタイルの板を取り付けたい位置にビスで固定してフックをかければ、壁掛けハットシェルフの完成です!
雰囲気に合せて色を塗ったり、デコパージュしてもオシャレですよ☆

ニッカホーム提供DIY番組ステキにDIY 放映は終了しました。ご視聴ありがとうございました。

ACCESS

〒485-0048 愛知県小牧市間々本町130(ニッカホーム小牧ショールーム内)

googlemapで確認する

このページのトップへ