ニッカホーム提供DIY番組ステキにDIY

#35 ウッドタイル+100均アイテムでメイクボックスDIY

第46回(2017年11月18日)放送分

#35 ウッドタイル+100均アイテムでメイクボックスDIY

100円ショップにも可愛い雑貨がたくさん並んでいますね。
DIY愛好家にとっても利用される方が多いのではないでしょうか。
今回はそんな100円ショップにある雑貨とウッドタイルを組み合わせてメイクボックスをDIYします!
鏡台は邪魔くさい、でもリビングや洗面所には出しておきたくない!
それなら見た目にもかわいいメイクボックスを!
省スペース、大容量、カワイイ!
これなら間違いない!!

メイクボックスの作り方

材料を用意する

使う材料です。
ウッドタイルは65幅×21厚です。
棚となる木製の小物入れは、100均ショップで手に入る雑貨でそろえました。
はじめから形ができているのも手間いらずでうれしいですね☆

Step1ウッドタイルを組み立てる

ウッドタイルをつなげて小さめのL型を、まずは2セット作ります。
次にL型2セットに向い合せるために、コノ字型を1セット作ります。
作った3セットを立てると、ボックスになるようなイメージです。

Step2ビスで固定

L型に組み立てたウッドタイルに合せて、小物入れを内側からビスで固定します。
木工ボンドを併用すると強度が増します。
コノ字型のほうも同様に、内側から小物入れを固定します。

Step3接着剤で貼り付け

ボックスのフタになる部分です。
ミラーを両面テープと接着剤で内側に貼り付けます。

Step4蝶番で繋げていく

それぞれのパーツを蝶番で繋げて、ボックスにしていきます。
正面にL字型2セットが来るように設置したら、閉めた状態で開き止め金具を付けます。

完成!

持ち手を付ければ完成です!!
まるで三面鏡のような開き方で、しっかり見やすいメイクボックスができました!
大きな瓶のような化粧品やピアスのような小さなアクセサリーも、チョイスする小物入れのサイズやデザインで自由に組み合わせることができます!
側板はウッドタイルを使っているので見た目にもナチュラルに仕上がりました☆
パッと開いたときから気分があがるメイクボックス! 女子必見です☆

ニッカホーム提供DIY番組ステキにDIY 放映は終了しました。ご視聴ありがとうございました。

ACCESS

〒485-0048 愛知県小牧市間々本町130(ニッカホーム小牧ショールーム内)

googlemapで確認する

このページのトップへ